本日、10月25日(日)09:00~16:30「21世紀の朝鮮通信使~日韓トップ囲碁対局・鞆」第二日目6番組。感動の閉幕へ!

中林一樹(東京都立大学名誉教授、首都防災ウィーク実行委員会代表)

番組「首都直下地震~一人一人の準備を急げ」を担当

東京都立大学・首都大学東京名誉教授 工学博士
明治大学 研究・知財戦略機構(復興・危機管理研究所)研究推進員 
日本災害復興学会 特別顧問(前会長)、中越防災安全推進機構 理事長
東京都火災予防審議会 会長、東京都震災復興検討会議 会長
阪神・淡路大震災記念・人と防災未来センター 客員研究員 他

【専門分野】都市防災学、災害復興学、都市計画学
1976年酒田大火24時間後に現地での被害調査の機会を得た。その時の衝撃が、都市防災研究・都市復興研究を始めるきっかけである。平時のまちづくりを通して、如何に災害に強いまちづくりを進めるのか、地域を継続し、災害から如何に復興するのか、をテーマに、近年は、東京都と連携して「都市復興訓練」および、練馬区、葛飾区、豊島区、八王子市などで「震災復興まちづくり訓練」の手法開発と実践指導、区市の「震災復興マニュアル」の策定支援など、「事前復興」の実践的研究を進めているとともに、東日本大震災では南三陸町の復興計画策定副委員長、伊豆大島土砂災害の大島町復興計画策定委員長など、災害復興にも取り組んでいる。

【社会活動等】
日本災害復興学会 特別顧問(前会長)、自治体危機管理学会(理事)、都市計画学会・建築学会、地域安全学会、日本地理学会などで東日本大震災復興支援関連活動に関わる。中央防災会議専門委員、内閣官房・ナショナルレジリエンス懇談会委員、環境省・災害廃棄物処理検討委員会委員、国土交通省・復興まちづくり事前準備検討委員会委員長、内閣府首都直下地震検討WG委員など歴任、東京都・火災予防審議会会長、東京都・防災都市づくり推進計画策定委員会委員長などや、世田谷区・豊島区・葛飾区・台東区・多摩市・大和市の都市計画審議会会長など多数。平成21年大和市市政50周年特別表彰、平成21年度防災功労者表彰(防災担当大臣表彰)、平成24年度兵庫県防災功労表彰、平成24年度NHK地域放送文化賞、平成25年度東京消防庁消防行政特別功労表彰、平成26年度防災功労者表彰(内閣総理大臣表彰)、国土交通大臣表彰(都市計画法制定100年記念感謝状:令和元年)など。

経歴・著書歴などは ↓YouTubeの下部をご覧ください。

番組「首都直下地震一人一人の準備を急げ」のYouTubeプレイリスト 右上から選択できます↑

【経 歴 等】   
1970年  福井大学 工学部建築学科 卒業
1975年  東京都立大学 大学院工学研究科 博士課程 退学
1975年  東京都立大学地理学科 助手・助教授
1993年  東京都立大学都市研究センター・都市科学研究科 教授
2002年      同 都市科学研究科長(~2005年)
2004年  首都大学東京(改組改称)教授・学部長補佐(研究主幹教授)
2011年  明治大学 政治経済学研究科・危機管理研究センター 特任教授
2018年  明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員

【著書等】 
『災害発生時における自治体組織と人のマネジメント』第一法規(共著2018)
『災害対応ハンドブック』法律文化社(共編著2016)
『中越地震3800日―復興しない被災地はない―』ぎょうせい(共著 2015)
『危機管理学』第一法規(共著2014)
『市町村合併による防災力空洞化』ミネルヴァ書房(共著2013)
『あなたの都市に地震が来たらどうしますか?』マガジンハウス(2011)その他、著書論文多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です