みらクルTV 発表

7月19日(日)15:00-17:00 みらクルTV開局3か月特番/第八回首都防災ウィーク・プレイベント「みらクルTVの可能性~僕たちはどこから来て、どこに行くのか?」

 中国・武漢発の新型コロナが全国、世界に蔓延する中、本年4月11日、みらクルTVが開局しました。
 出演者、視聴者、報道、スタッフに支えられ、3か月が過ぎました。
 開局前には予想もできなかった、お一人おひとりとの深いコミュニケーションを通じて、共感と感動、生きていく勇気が生まれました。
 互いが変化していくことを互いに感じあう、不思議な体験でした。

 その一方で、本格的な台風期を前に、私たちは「コロナ蔓延下、首都東京を巨大水害と直下地震が襲う」という、とんでもない脅威に直面しています。
 これが荒唐無稽でない、リアルな現実であることを私たちは知っています。
 時間があまり残されていない中で、私たちは何をなすべきなのか?
 私たちに何ができるというのだろうか?

 この国の誰一人、この問題への正解を持っていないどころか、議論も行われず、本当の脅威から目を背けているように感じます。
 私たちにも正解はありませんが、現実を直視し、ご一緒に考えます。

 3か月前に今が予想できなかったように、3か月後には「予想もできなかった次の一手」が生まれているかもしれません。
 祈るような期待を込めて、開局3か月特番を開催します。

 これまで、みらクルTVに深くかかわってこられた方々にご出演いただき、
 防災に限らず、今、感じておられること、みらクルTVの利点と課題、今後の期待などを自由に、率直にお話しいただき、開局3か月の総括とします。
 どなたでも視聴し、発言できますので、気軽にご参加ください。
 当日13:30-15:00「心の唄」にも、あわせてご参加いただければ幸いです。

■日時:令和二年(2020年)7月19日(日)15:00~17:00
■会場:https://us02web.zoom.us/j/3782787584 みらクルTVスタジオ
■主な出演者
中林一樹氏(首都防災ウィーク実行委員長、東京都立大学名誉教授)
浅野史郎氏(神奈川大学特別招聘教授)
柿島光晴氏((一社)日本視覚障害者囲碁協会代表理事、全盲)
大石亜矢子氏(シンガーソングライター、全盲)
竹DS氏(心の唄バンド・創作ソロ手話唄、Deaf Singer:聴覚障がい者)
佐野和子氏(心の唄バンド・手話通訳者)
三木靖子氏(心の唄バンド・ピアノ)
武久喜代美氏(北九州囲碁センター席亭、北九州ZOOM囲碁まつり主催者)
古謝宏二氏(高次脳機能障がい当事者)
柴本 礼氏(東京高次脳機能障害協議会理事、イラストレーター)
山中美枝子氏(桜東京パイロットクラブ会員)
玉木和彦氏(脳損傷・高次脳機能障害サークルエコー代表)
兼古勝史氏(月刊B-maga「地域メディア最前線~みらクルTV」執筆中、武蔵大学・立教大学等非常勤講師)
杉浦 登氏(みらクルTV副代表、囲碁のまち大船渡副代表)
原 香織氏(みらクルTV番組編成部長、シティコン研究会事務局長)
(司会) 木谷正道(みらクルTV代表)

  令和二年7月16日 みらクルTV

-みらクルTV, 発表

© 2022 みらクルTV 公式サイト Powered by AFFINGER5