昨日(25日)、「21世紀の朝鮮通信使~日韓トップ囲碁対局・鞆」が閉幕しました。素晴らしい取組になりました。出演者、スタッフ、視聴者の皆さま、主催者の福山市に心から御礼申し上げます。

2020年5月31日 点字毎日

○●盲学校生の囲碁大会●○ 北九州 本因坊戦第二局に合わせ
●○オンラインで音楽演奏も●○

 6月12日から4日に日本棋院小倉支部・北九州囲碁センターが主催する「北九州市民ZOOM囲碁まつり」で盲学校生徒の囲碁大会などが行われる。コミュニケーションアプリ「ズーム」を使った「みらクルTV」で視聴できる。
 囲碁のタイトル戦「第75期本因坊戦第2局」が北九州市で開催されるのに合わせて企画された。
 オンラインによる「世界盲学校・視覚障がい者囲碁大会」は、13日の午前9時から午後3時まであり、台湾や韓国にも参加を呼びかけている。模範対局も予定している。
 大会の実行委員長で日本視覚障害者囲碁協会代表理事の柿島光晴さん(全盲)は、「囲碁好きが集まる素晴らしい大会」とアピールする。
 みらクルTV代表の木谷正道さんは「囲碁の講習もあるので、覚えていただき、生活が楽しくなれば」と願う。
 13日午後4時からは、歌手の大石亜矢子さん(全盲)やバイオリニストの白井崇陽さん(同)、和太鼓奏者の片岡亮太さん(同)らの演奏も。
 koenado@googlegroups.comへ。  【佐木理人】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です